育児休暇を取得する人を、金銭的な面からサポートするために設けられている制度が育児休業給付金です。この制度は雇用保険制度によって定められているもので、雇用保険に加入している人で、かつ育児休暇前の2年間に1ヶ月当たり11日以上働いた月が12カ月以上あるなどの要件を満たしていれば受給することができます。もちろんこれらの条件を満たしていれば、派遣社員であっても男性が育児休暇を取得する場合であっても給付金を受給することが可能です。
この給付金は原則として生まれた子どもが1歳になる前日までもらうことができます。給付される金額は休業前に得ていた給与の2分の1に、育児休暇の月数をかけたものとなります。また子どもが1歳になるまでに保育所への入所申し込みをおこなった人で、実際には入所がかなわなかった人については給付金が最大6カ月延長して給付されます。
この給付金の申請手続きについては雇用保険を扱う会社が本人を代理しておこなう場合が多くありますが、そうでない場合も考えられますのであらかじめ担当者に相談しておくことが大切です。また給付要件については上記以外にも詳細な規定が定められていますので、会社や市町村役場の担当窓口に確認しておくことも必要です。