働くママは、希望すれば産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間)、産後8週間休暇を取得できる事が労働基準法で定められています。ただし、会社には休暇中の給料を支払う義務はありません。その間、給料が全くないと困る方もいらっしゃるでしょう。そんな方の味方が、出産手当金です。出産日(出産日が予定日より遅れたときは出産予定日)以前42日目(多胎妊娠の場合は98日目)から、出産日の翌日以降56日目までの範囲内で会社を休んだ日数分、健康保険から支給されます。支給対象は加入者のみです。パートやアルバイトでも健康保険に加入していれば支給されます。働くママでもご主人の健康保険の扶養家族となっている場合には、支給されないので注意して下さい。休暇取得中も保険料の支払いが必要となります。支給額は、標準報酬日額の3分の2で、休んだ日数分受け取れます。給料が支給されていても、手当金の額より少ない場合は差額が支給されるので、請求を忘れないで下さい。仕事への復帰を前提とした手当であるため、退職後の出産については原則支給がありません。しかし、退職日までに1年以上継続して健康保険に加入しており、既に手当の支給を受けたか、または受ける要件を満たしている場合には退職後も引き続き支給を受けることが可能です。仕事ができない間の給料の心配は必要ありません、安心して出産に臨んで下さい。