子供にはお小遣いをあげるときにルールを設定しておくのは非常に良い教育になります。毎月、一定の金額をお小遣いとしてあげることは多いですが、このときに決められている金額よりも大きな金額を上げるとき、または定期的なお小遣いとは別にお金をあげるときはルールを活用していくと良いです。どのようなルールでも良いので、努力が金銭に結びつく内容が好ましいものです。一般的な例を挙げますと、学校ではテストがありますが、100点満点を取ることが出来ればお小遣いをあげるというルールは多いものです。そうすると、お小遣いをもらうためにいつも以上に勉強に取り組む姿勢が強くなりますし、金銭的な教育としても努力が金銭に結びつくので非常に良い教育です。また、家庭において家事などを手伝うことでお金をあげるのも良いルールです。いわゆる家庭におけるアルバイトです。家庭の窓ガラスを拭くことでお小遣いをあげる、買い物に行ってもらうことでお小遣いをあげるなど、色々な家庭のアルバイトを考えて見ると良いです。こうしたルールを考えながらお小遣いをあげることで、良い教育をしながら金銭の価値を教えることができ、努力をすることの大切さも教えることが出来ます。